メンズ脱毛 脱毛 脱毛クリニック 脱毛サロン

メンズも脱毛する時代

更新日:

後輩
先輩先輩~!今日はわたしのいとこにも脱毛について教えて欲しくて連れてきました~!
先輩
いいけどあなたから教えた方が早かったんじゃないの?
後輩
いや、それがその~まだ教えてもらってない話でして・・・
先輩
え?どんな悩みを持っているのよ?
こ、こんにちは・・・
先輩
・・・・・・・なるほど、メンズ脱毛の話ね。
後輩
はい、お願いします!

 

脱毛と言えば女性が綺麗になるために行うものという考えはすでに昔の話で、現在は男性でも脱毛したいと考えている人が非常に多くいます。

それに伴い、メンズエステの中の脱毛コースや男性専用の脱毛サロンなどが増えてきています。男性の脱毛利用者は年々増え続け、今では従来の7~8倍にまで増加しています。

男性が行う脱毛部位としてもっとも多いのは “” です。毎日の面倒な髭剃りから解放されるのはもちろん、剃りあとが青くなってしまったり、肌が弱い人の髭剃りによる肌トラブルも防ぐことができます。

 

 

 

後輩
今や男の子も脱毛する時代ですね...
先輩
今はジェンダーレス男子といって性別を感じさせないような綺麗な男の子がトレンドなの。
細くて白くて、お化粧して、脱毛だってするのよ。女の子にもウケがいいわ。
後輩
わたしたちも負けていられませんね....

 

人気のある部位、つまりみんなが脱毛している部位はどこでしょうか。

 

1位:ヒゲ

もちろん1位はヒゲです。
ほとんどの男性が毎日処理をしていて、面倒に感じている人が非常に多い部位です。
濃いひげの剃り跡や剃り残しは周囲によくない印象を与えやすいです。
ヒゲ処理の手間から開放され、肌も綺麗になりたいと望んでいる人はとても多くいます。

 

2位:胸毛

最近は特に濃い胸毛が苦手な女性がかなり多く、それを気にする男性も多くいます。
夏場の海やプールではもちろん、薄いTシャツの下に胸毛が透けているのは良い印象を与えません。

 

3位:手の甲・手の指

季節に関係なく常に露出している手首から先はやはり気になる部位のひとつ。
何をするにも目に付く場所なので手の甲や手の指の毛が気になる人はかなり多いです。

 

4位:両腕・両足

男性ならば腕や足に毛があるのは当然のようにも思えますが、やはり濃い毛は不潔な印象を与えやすく、完全脱毛はしないけど毛を薄くしたいという人はやはり多くいます。
ファッションやカルチャーに敏感な男の子たちの中では、つるつるに脱毛することはすでに当たり前の文化になっています。

 

5位:お尻・Oライン

お尻の毛は、周りからはもちろん、自分自身でも不潔に感じる人が多くいます。
自分では処理をしにくい部位なので、脱毛してしまおうと考える人は非常に多いです。

 

 

俺の友達でも最近ヒゲのあとが目立たないやつがいるんだけど、きっとこっそり脱毛始めたんだと思う...
後輩
それに影響されて、最近やたらと脱毛について聞いてきたわけね!
それに...女子は毛深いの嫌いだし......

 

 

×1位:胸毛

シャツの間から覗く胸毛は鳥肌もの。
胸毛が濃い男性は恋愛対象として見れないという人も少なくありません。

 

×2位:手の甲・手の指の毛

どうしても目に付く場所で、不潔な印象を持ちやすいです。
手首から先の毛が濃いと手をつなぐのを避けられたり、食事の準備をしないでほしいなどという声も。

 

×3位:乳輪周りの毛

女性では生えていることが少ないためか、不快感を覚える人は多くいます。

 

×4位:お尻の毛

お尻にもっさりと毛が生えているのはやはり不潔な印象が強いです。
身近にいるのであれば特に清潔でいてほしいという気持ちは強いでしょう。

 

×5位:鼻毛・耳毛

鼻の穴や耳の穴からヒョッコリと毛が見えているのはどう考えても良い印象は与えません。
自分は大丈夫と思っている人ほど毛が出ていたりします。

 

 

ヒゲを不快に感じるのは意外と少数派なんだなぁ...
後輩
ヒゲはオシャレに整えられていればむしろ好印象なんだよ。
先輩
女性からすると全体的に濃くもっさりしているパターンが苦手みたいね。

 

男性向け脱毛を取り扱っているお店は大きく分けて3タイプに分かれます。

メンズエステ

脱毛を専門に取り扱っているわけではなく、エステ各種コースの中の脱毛コース。
主に毛穴一つ一つに細い針を差し込み電気を流すことで毛根を破壊するニードル脱毛(美容電気脱毛)を取り扱っている。

痛みが非常に強く、時間もかかるが一度処理が完了した毛は10年後も20年後も生えてくることがない。

一本一本に対して施術を行うため、細かいデザインが可能であり、レーザーやフラッシュと違って色の薄い毛や産毛のように細い毛も問題なく処理できると言われている。

施術時に肌表面に生えている毛の毛根を直接破壊するため、その場でその毛はなくなり、その毛穴からはもう生えてくることがない。即効性があるといえる。
(産毛のような細い毛であれば1回の施術で脱毛が完了するが、髭のような太い毛の場合2,3回の施術が必要になることも。)

価格は毛1本当たり○円、施術△分あたり□円などの設定になっているため合計額は非常に高額になる。

 

メンズ脱毛サロン

光(フラッシュ)脱毛と呼ばれる施術方法。
光線が毛のメラニン色素に反応して、毛根に熱を与えることで毛の再生能力を弱めていく。

一度に広範囲の施術が可能で、痛みがほとんどなく、価格も一番リーズナブルであるが効果は一番低いといえる。
光脱毛では永久脱毛ができないため、脱毛が完了した後も半年~1年に1度メンテナンスとして施術を受けるケースが多い。

サロンで用いられる光はエステにおけるフォトフェイシャルのものと近いため美肌になることも期待できる。また、施術後のアフターケアに力を入れているお店が多く、脱毛後の肌乾燥などのトラブルも防ぐ。

メラニン色素の黒色に反応するため細い毛や色素の薄い毛などには効果が表れない。
全くの無毛状態にするのではなく、全体的に薄くしたい人に向いているといえる。

価格はパーツ・回数ごとや、パーツ・月額などで決められていることが多い。
つるつるになるには大体15回くらいは必要であるため通う回数が多く、2~3ヶ月に1度の施術になるため完了するまでにかかる期間は長くなる。

 

美容クリニック

医療レーザーと呼ばれるものを使って施術を行う。
光脱毛と同じく、メラニン色素に光が反応して毛の再生能力を弱める。そのために細い毛や色素の薄い毛には効果を示さない。

光脱毛と比較すると、かなりの高出力で施術するため短期間で脱毛が完了し、永久的に脱毛される
使用する機器や施術部位によって違いがあるが、基本的に出力が高いために痛みを感じるケースが多い。

医療機関であるため麻酔を用いて施術を行うことも可能であり、肌トラブルなどにも医師が対応してくれるため安心・安全であるといえる。

価格はパーツ・回数ごとに決められている場合が多い。
つるつるになるためには大体10回前後の施術が必要になる。光脱毛に比べると価格は高いが少ない回数で永久脱毛ができる。

 

ふ~ん、脱毛って言ってもいろいろあるんだなぁ。
後輩
そうだよ、そんな簡単に決められないのが脱毛の世界なんだよ!
私なんてまだ勉強中なんだから!
先輩
それぞれにリスクもあるからそれも把握しておかないといけないわよ。

 

それぞれの脱毛方法におけるリスク

針(ニードル)脱毛のリスク

毛穴一つ一つに細い針を差込んで電気を流すことで毛根を破壊するニードル脱毛におけるリスクのひとつは、施術中の激しい痛みです。
特に男性のヒゲなどの濃いムダ毛には太めの針を使ったり、電気を流す時間を少し長めにするなど確実に効果を出すための対策がとられる場合もあります。
これによりさらに強い痛みを感じやすくなります。
医療機関であれば麻酔を使用することで痛みを軽減できますが、エステやサロンでは麻酔の使用は認められていないので痛みに弱い方は医療機関を選んだほうがよいでしょう。

ニードル脱毛におけるリスクのふたつめは、まれに火傷などの皮膚トラブルが起きてしまうことです。

1)火傷
現在ニードル脱毛に用いられている針は絶縁針といって皮膚に接触する部分は絶縁体になっていて電気を通さない仕組みになっています。
しかし毛穴に挿す方向や深さが適切でない場合は絶縁されていない部分が皮膚と接触して火傷を引き起こします。また、絶縁針を用いていない場合はそのリスクがさらに高くなります。

 

2)色素沈着
毛穴内部の炎症によって作られたメラニン色素が、ターンオーバーによっては排出されず残ってしまったり、毛穴の火傷が治ってからも痕として残ってしまったりと色素沈着になる可能性は意外と多いようです。

 

3)毛嚢炎
損傷した毛穴の内部に細菌が感染することで起こります。
見た目はニキビと似ていますが、芯がないため早く治ることが多いです。

 

4)内出血
針を毛穴に挿しこむときに毛細血管を傷つけてしまうことで内出血を起こすことがあります。
赤紫色の斑点になりますが、基本的に数日程度で落ち着きます。

 

他にも皮膚のトラブルとして考えられるケースはいくつかありますが、基本的には医療機関であればすぐに対応してもらえます。
ニードル脱毛は効果が高い分、皮膚トラブルなどのリスクも高くなるため医療機関を選択するほうが良いといえるでしょう。

 

 

光(フラッシュ)脱毛のリスク

出力の弱い光を定期的に繰り返し照射していくことで毛根にダメージを与えていくフラッシュ脱毛では、他と比較して痛みや皮膚トラブルは少ないです。

フラッシュ脱毛において挙げられるリスクはやはり効果が低いこと。
特に男性の場合毛が太く濃いため、女性よりもさらに回数が多く必要になります。
最初に決めた回数で足りなくなってその都度追加していくと、回数が多くなるのはもちろん、金額も上がっていきます。

また、一度は脱毛が完了しても再び生えてくる可能性が最も高いです。

 

 

レーザー脱毛のリスク

メラニン色素に反応して光を照射するレーザー脱毛では、色素の濃い部分における火傷のリスクが非常に高いです。
光脱毛でも色素の濃い部分の火傷のリスクはありますが、レーザー脱毛は出力が高いため火傷の危険性もより高くなります。
また、高い出力での照射で一時的に皮膚が赤くなることもあります。

皮膚トラブルとしては、皮脂分泌の多い部分では毛嚢炎のリスクが高いです。
レーザー脱毛で特徴的なものとしては、増毛化・硬毛化のリスクがあります。
まれに照射によって細かった毛が太くなったり(硬毛化)、毛量が増えたり(増毛化)ということがあります。
照射を続けることで改善される場合が多いですが、中には施術を中断するところもあります。

 

 

こ、こんなに!?
先輩
人体に変化を与えるのだから、どうしてもリスクを伴ってしまうわね。
でも別に全部起こるわけじゃないし、何もなく脱毛を完了できる人だってたくさんいるわ。

 

-メンズ脱毛, 脱毛, 脱毛クリニック, 脱毛サロン

Copyright© 現役大学生が選ぶ!全身脱毛が安いおすすめの学割脱毛サロン大比較! , 2018 AllRights Reserved.